2011年8月5日金曜日

【疑問】首都高の車線が、白い実線のときは、車線変更禁止なのか?



そもそも、中央線(センターライン)と、車両通行帯(車線)の場合を混同すると、悩みますね。

白実線センターライン(「中央線」)だとしたら、またいで対向車線への変更NGですが、
首都高のはセンターラインではなく、「車両通行帯」(車線)の区分線なので、白実線をまたいで越えても可です。

根拠:
(1)wikipedia:車両通行帯のはみだしが法令違反になるのは、「黄色の実線」が引かれた区間だけ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%8A%E4%B8%A1%E9%80%9A%E8%A1%8C%E5%B8%AF
(2)国交省「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」別表4および別表6をあわせて見ると確認できます
http://www.mlit.go.jp/road/sign/kijyun/kukaku/ss-kukaku.html
(3)参考までに:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1226901107


ただし、公式HP( http://www.shutoko.jp/efforts/safety/safety/point.html )によると、白実線のところは『安全のため、車線変更はあんまりして欲しくない』という意味合いっぽいです(心理的な抑制効果ですかね)。車線変更する際は、十分に安全確認しようと思います。

念のため繰り返しておきますが、「黄色」の実線を引いた区間は車線変更NGですね。


■結論:
首都高では、白い実線と白い破線は、法令的には同じ。でも、白い実線のときは要注意。







※この記事は、あくまで法令の解釈のお話です。実際は、その時の状況に応じて、ドライバーの皆さん各自の判断で法令に則って運転してください。一切の責任は負いかねます
 

0 件のコメント: